借入金

主な借入先

住宅金融支援機構 (フラット35)
フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携してみなさまに提供している長期固定金利住宅ローンです。
  長期固定金利住宅ローンは、資金のお受取り時に返済終了までの金利・ご返済額が確定する住宅ローンですので、長期にわたるライフプランを立てやすくなります。
  フラット35は、「金利変動がない安心」で大切なマイホームの取得とその後のライフプランをサポートします。

財形融資(雇用・能力開発機構)
財形貯蓄か財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄を1年以上続け、残高が50万円以上の人が対象となります。福利厚生として財形貯蓄制度を導入している会社に勤続している方は利用できません。変動金利を採用しています。
 また、平成17年10月より住宅金融支援機構の実施する証券化支援事業を利用した長期固定金利型住宅ローン「財住金フラット35」の取扱いを開始いたしました。

民間融資
銀行・信用金庫など民間の金融機関が行う融資です。融資基準は各金融機関によって異なりますが、一般的に公的融資に比べ、収入基準が緩やかで規制が少ないのが特徴といえます。
自己資金
一般的には総費用の15〜20%位が必要とされます
C資金計画