設計はお客様の現在及び将来のライフスタイルなどお客様のご要望に沿って進めていきます。ここではまず、設計を行うにあたり、最も基本的で、設計にとって非常に大切な要素である構造、工法別の特徴をみていくことにしましょう。
住宅の構造・工法

在来木造軸組工法

土台、柱、梁と組み上げて、建物の骨組みがつくられています。筋違いという斜材をいれて、それをバランスよく配置することにより構造的な強さを保ちます。設計の自由度が高く、開口部が大きくとれる。また通気性も良い。比較的増改築はしやすい工法といえます。

鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)
ラーメンとは部材の各接点が剛に接続された骨組みをいい、柱と梁からなる構造です。間取りの自由度が大きく、耐火性、耐久性に優れています。ただし、柱や梁が大きい為、室内に露出しインテリアに大きく影響を与えることがあります。

鉄筋コンクリート造(壁式構造)
壁によって囲まれたつくりで、強度があり、ラーメン構造と異なり柱が出ていない為、部屋が広く感じられます。高気密、高断熱になるのでシックハウス対策には注意が必要となります。また壁で強度をもたせているため、改築、増築にはむかない構造といえるでしょう。

鉄骨造(重量鉄骨造)
使用される鋼材が製鉄メーカーで品質管理されたJIS規格品であるため、強度や性能が均一で安定しています。木造に比べ柱間隔を大きくとれるので、開放的な大空間が可能となります。間取りの自由度が高く、耐震性にも優れています。ただし、火や錆に弱く、ヒートブリッジ(外部の温度が内部に伝わること)を起こしやすい為、壁の内部に結露が生じやすいといわれています。

鉄骨造(軽量鉄骨造)
重量鉄骨造と同じく鋼材の品質が安定しており、精度が高く、工期は短い。火や錆に弱く、ヒートブリッジを起こしやすいため、内部結露が生じやすい。重量鉄骨造とは、使用する鋼材の形状、厚さが異なります。比較的小規模の建物に採用されます。

ツーバイフォー工法
2×4インチの断面寸法をもつ木材を主に使用し、「枠」をつくり、その枠に構造用合板を釘打ちして壁がつくられています。壁で強度をもたせている為、在来木造工法に比べ増改築はしにくいといえます。壁でつくられている為、高気密、高断熱は期待できますが、そのぶんシックハウス対策には注意が必要です。
B設計