品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)
工事の請負契約をした建築業者は品確法によって様々な義務を負うことになります。品確法は以下の重要な要素を基本としています。

@住宅性能表示制度
住宅の構造、火災、高齢者への配慮などの性能を明らかにし、その性能が達成された住宅を引き渡す仕組み

A瑕疵担保責任
住宅に瑕疵(建物の欠陥や不具合)があった場合、建て主は修理の要求、損害賠償の請求を行うことができます
建築業者と入居後のアフターサービスの内容の確認を行っておきましょう。
Jアフターサービス